中国語で兄は「グーグ」だと思っている人は沢山います。そもそも中国語の音を日本語で表現することが間違っていますが、強いて表現するなら「ガァーガァ」です。

今回は誰も教えてくれないこの単語について詳しく解説していきます。

 

「兄」の発音

中国語で兄は「ガァーガァ=哥哥 gē ge」なんですが、中国語を勉強している人にとって、この単語は基礎中の基礎なので簡単かと思います。

しかしこの基本とも言える単語に実は意外な落とし穴が隠されているのをご存知でしょうか?

それはこの哥哥という単語の発音です。

中国語を学習していく上で多くの人が感じているのは発音の難しさ。しかし中国語が出来る人ほど出来ていないのが、ge やke等のピンインe を含んだ発音なんです。

 

私は以前個人的に作曲したり、編曲したり、特に耳コピをするのが得意分野でして、オーケストラの曲を耳で聞いて、シンセサイザーで再現してみたりするのが趣味でした。

ですから、中国語を聞いていても微妙な発音の違いが分かります。そして、中国人の発音と外国人の発音の何処が違うのかを聞けば鮮明に理解できます。

そしてアジア系ですと、韓国人が出来ない発音と日本人が苦手で出来ない発音を理解していますので、聞けば韓国人がしゃべっているのか中国人がしゃべっているのか、日本人がしゃべっているのかがわかります。

このブログでは日本人に向けて発信していますので、今日は、このピンインeを含む発音について少し詳しく解説していきたいと思います。まず、日本人が哥哥と発音するとどう聞こえるのかを言いますと、

ぐーぐ

と聞こえます。

ピンイン表記なら gu1 gu5 ですね。

しかし、本来は·ge1 ge5  そうeを含む発音なので、間違っているんです。

では日本語でこの発音はどう表現するのかというと、

性格には当てはまる言葉がありません。

つまりここがポイントです。

グーグは間違い

日本語で該当する発音がないので、日本人はこの音を発声出来ないのです。

 

ピンインの基礎を学んでいる人はある程度出来るんですが、問題なのが一人で学習した人や既にピンインを卒業している人です。

時間の経過と共に、出来なくなってくるんです。

 

それで出来る日本人ほど、このge・eを含む発音のツメが甘くなり、すぐに日本人と見分けることが出来ます。もちろん、見分ける要素はこのeだけでないので、聞いてすぐに分かりますが、決定的な違いは、このeの発音です。

では、なぜge1 ge5がgu1gu5に聞こえてしまうのでしょうか?

これは、日本人の骨格によるものです。

日本語というのは、口をあまり開けずに発音することが可能です。そう力を込めずとも発音することができます。しかし勉強されている方はお気づきと思いますが、中国語の発声は力が要りますし、体全体で発声する必要があります。

よって、中国人の声は異常なレベルにまで大きいのですが、(8階に住んでいた時、外で電話している人の声がはっきりわかる大きさ)そこが決定的な違いです。

つまり口をしっかりと開いていないために、geがguになってしまうのです。

このgeは口を横方向に広げる必要があるので、開きが甘いと私たち日本人はguになってしまいます。対して違いない差不多って思われる方はもう一度ピンインにご注目ください。

ge とguでは 全く別の単語です。全く別の意味になってしまうのです。

発音が違うと実際は伝わっていない

難しい単語を知らなかったり、言えないのはしょうがありませんが、哥哥みたいな簡単な単語が言えなかったら、ちょっと恥ずかしいと思いませんか?中国人に対して話して伝わったとしても、実は実際は伝わっていないんですよ。彼らは話している話題からあなたがなんて言っているのかを予想しながら聞いているんです。

ですから表上伝わったとしても、実際彼らは聞き取れておらず、

前後の文から予想して 「gugu?   gegeの音に近いから きっと哥哥だろう」となっているのです。

 

発音は長年勉強していてもとっても重要です。

このeを攻略するとんでもなく簡単な手法は、

【アントニオ的】中国語発音矯正がわかりやすい

をご覧ください。

まとめ

中国語で「兄」の発音を日本語で表記するのは間違っています。実際発音のポイントを分かっていても、日本人は時間の経過と共にグーグ化してきます。それを理解したうえで意識的な発音矯正をしていくことがとても重要です。