中国野菜って農薬がたっぷり・・・というイメージがあると思います。現地で生活するためにも、その辺の詳しい事情をお伝えします。

 

毒もやし&毒白菜

中国現地で生活していると、野菜をどうしても食べる傾向にあります。

なぜなら海沿いの地区を除いて、ほとんど新鮮な魚介類を入手することが困難だからです。

 

もう一つの理由が、野菜がとても安いという現地の事情です。

他のサイトでも紹介されているように、日本系のスーパーや大手のスーパーで買い物をすると安全だという意見が多数みられますが、私の住んでいる地区には日系スーパーなど全く存在しません。

もし仮にあったとしても、それらの野菜は高いので、自分の生活水準に達しないため購入はしません。

 

というと、最後に残る選択肢として、いわゆる現地の人もよく利用する市場で買い物をする事になります。

それらの野菜は新鮮でとても安全なような気がしますが、やはり多くの人が気になさっているのと同じで、野菜に大量の農薬が付着しています。

 

私が特に感じたのが、もやしと白菜です。(白菜は正確には小白菜と言って、大きな白菜になる前のものを指します)

 

もやしに関しては、鮮度を保つために毒劇物にでも浸してあるんだろうと思います。

これらを食べるとどうなると思いますか?

 

 

 

 

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

積極的にクリックしてお互いハッピーになりましょう!