石川佳純の中国語が以前と比べてかなり進歩しています。

その秘訣を今回は徹底検証していきます。

 

 

中国語が上手すぎる

まず誰もがご存じのように、今や日本の卓球界では欠かせない存在となった

石川佳純選手。

彼女が代表に選ばれるようになった当時は、あまり中国語が堪能では

ありませんでした。

しかし、その中国語レベルは見る見るうちに上達!

今では現地の人と区別がつかないような発音をしています。

 

これから紹介する動画は3年前ほどのものですが、

彼女の中国語がどれほどのものか、なぜそれほど上達しているのか?

しっかりと注意して動画を見ていただきたい。

 

石川佳純選手の中国語レベル

★★★★★(満点)

発音

★★★★ (上級レベル)

日本語なまり

★★★★ (ほとんどなし)

 

発音が素晴らしい

中国語を話すスピードも大事だが、スピード任せでは正確な発音が出来ず

相手にも伝わりにくい。

その辺を完全にカバーできているかなりトップクラスの中国語である。

 

日本語には独特のイントネーションがあるため、日本人が中国語を話すと

変な抑揚がつき、中国語っぽくは聞こえない。

 

このイントネーションの違いは意図的に消していかなければ、

長年勉強していてもつい癖が出てしまうものだ。

 

中国語を勉強している人は、特に自分のイントネーションに注意を払ってみよう。

中国語のイントネーションは日本人が話す穏やかなイントネーションではなく、

比較的激しく、しかも低音域で上下運動を繰り返すリズミカルな音楽だ。

 

よって日本人が話す中国語は心地よいが、

中国人が話す音は心地よくない。

 

この音のイントネーションの違いをしっかりと掴むことが、

聞かせる中国語を話すコツだ。

 

 

進歩の秘訣

また、石川選手がここまで進歩を遂げているのには理由がある。

一つは中国人の専属コーチと中国語で会話しているというのが理由だが、

その他にもお気づきの点があるだろうか?

 

それは中国の友達と日ごろからチャットをしていることだ。

文章を書く(打つ)中国語を頭で考える。

これらの作業は進歩する上で欠かせない。

 

新しい言語を覚えるのには実践が大事という事実にほとんどの人は気づいているが、

その実践を行えない人が沢山いる。

 

しかし、いきなり実践を行っても中国語が口から出てこないため、

結構時間の無駄にもなる。

これらを解決するのが、日ごろから中国語で文章を書く訓練をする事だ。

 

私が中国で留学していた当時は毎日のように日記を書かされた。

書き始めた当時は文章の構成が全く理解できず、書くのにも時間がかかったが、

それ以上に進歩を速めてくれたのが、携帯やタブレットで中国の友達と

チャットをする事。

 

 

見る見るうちに自分の中国語の進歩を実感できるだろう。

卓球の石川佳純選手が進歩したのにも、このチャットが原因と言える。

 

文章を作れば、中国語の語順にも注目するようになり、必然と文法の大切さにも

気づくようになる。

文法は苦手だし、長文は書けない(言えない)と思っている人は是非トライして、

苦手分野を克服していただきたい。

 

郑信昌

中国語も最新機器を使って勉強すれば、早く上達する事が出来ます。

索菲儿

继续加油!